お役立ち

2020年7月14日申請開始 フリーランスの方も対象「家賃支援給付金」申請方法と必要書類「コロナ禍」

家賃支援給付金の申請方法と必要書類

7月7日、経産省より「家賃支援給付金」に関する
詳しいお知らせが発表されました。

法人のみならず、フリーランス等の個人事業主の方も対象範囲という事で
この記事では、主にそちらの方を対象に申請方法や必要書類の紹介をしていきたいと思います!

上記でもご説明しておりますが、
フリーランス・個人事業主様向けに記事を作成しておりますので、その他法人様は経産省HPをご覧ください。

必要書類・対象範囲の拡大等
今後追加、変更の可能性もあるという事ですので
発表され次第この記事も更新していきたいと思います。

家賃支援給付金概要

コロナウイルスの影響により発令された、緊急事態宣言の延長により
売上減少等で、事業継続の危機に直面している事業者向けに
家賃や土地代の負担軽減を目的とした給付金となります。

給付対象

  • フリーランスを含む個人事業者
  • 2019年12月31日より前から、売上(収入)を得ており、今後も事業継続の意思がある方
  • 2020年5月から2020年12月までの間で
    ①上記期間のいずれか1ヶ月の売上が前年の同じ月と比較して50%以上減少している。
    ②連続する3ヵ月の売上の合計が前年の同じ期間の売上の合計と比較して30%以上減少している
    (①・②どちらかに当てはまる事)

給付金額

申請時の直近1ヶ月以内に支払った家賃に基づき算定された
給付額の6倍を直接口座に振込「*最大300万*」

月の家賃が37.5万円以下の場合

  • 家賃×2/3×6=給付額
    例:家賃30万円(30×2÷3×6=120万が給付)

月の家賃が37.5万円超の場合

  • 例:家賃100万円(100×2÷3×6=400万円となりますが、
    最大300万円の為こちらが給付額となります。

申請受付開始日と申請期間

給付金の申請受付開始日は2020年7月14日開始予定

2020年7月14日から2021年1月15日までの間
売上減少の翌月からいつでも申請可能となっているようです。

申請の手続き方法と、必要書類

7月14日の申請開始と伴い、家賃支援給付金専用のホームページを作成
そのweb上で申請の手続きが可能と発表されています
また、受付開始後にwebでの申請が難しい方用に
補助員が入力サポートを行う「申請サポート会場」を順次開設していくみたいです。
こちらの会場場所、予約方法についても決定次第公表という事ですので
確認次第こちらの記事でも紹介したいと思います。

必要書類

7月7日執筆時 今後変更追加される可能性があります

  • 賃貸借契約書、それを証明する書類
  • 申請時より直近3ヶ月の家賃支払いを証明する書類
    (通帳や、振込明細等)
  • 本人確認書類(免許・パスポート・マイナンバーカード等)
  • 売上減少を証明する、確定申告書・売上台帳等

必要書類が準備できない、他に質問がある場合

上記の必要書類が準備できない方や、
申請にあたり質問や、詳細な内容を確認したい方の為に

家賃支援給付金申請要領(個人事業主向け)

家賃支援給付金:コールセンター

お問い合わせ先:0120-653-930 (平日土日祝8:30~19:00)