お役立ち

最低限必要な貯金は〇ヵ月分 低所得の貯金術

必要な貯金額

必要な貯金額」で検索すると
平均300万~400万、最低でも給料の半年分は貯めようと書かれていたりして…

その半分はおろか、10分の1も無い…

貯金が必要なのはわかるけど、毎月ギリギリの生活だし
そもそも貯金が苦手で給料をあるだけ使い切ってしまう

そんな方へのちょっとしたアドバイスになればと思います

最低限必要な貯金額とその理由

生活費の3ヵ月分

正確には給料の3ヵ月分ではなく、生活費の3か月分。
毎月15万で暮らしている方は45万あれば大丈夫と僕は思っています。

自己都合退職時、失業手当の受給開始まで3ヶ月かかる為

自己都合で退職した場合は申請から3ヶ月かかるので、その間を生きていく為にも……って事ですね。
申請先はハローワーク、必要な持参物や流れは是非こちらをご覧ください

失業手当受給までの流れと必要書類
失業手当、退職日から受給までの流れ失業手当給付の為に必要な書類、流れ等を簡単にご説明いたします。...

次の仕事が決まっても、給料日までに1~2ヶ月ズレがある為

これは実際に経験したのですが
退職してから、1ヶ月位リフレッシュして求職開始
次の職場は決まったのですが、初回の給料日は翌月
退職日から、3ヵ月は経過したため
当時貯金が10万円位しかなかった僕は
家賃と公共料金を滞納、食べることもカツカツで
大変惨めな思いをした事があります(自業自得ですが・・・)

どうやって貯めていくか

生活費を書き出す

適当な紙とペンを用意して
まずは毎月必ず出ていくお金を書いていきましょう
家賃・公共料金・携帯ネット・ローンもあれば

家計簿アプリを使ってみる

様々な家計簿アプリがありますが、
圧倒的におすすめなのがマネーフォワードMEです

詳しい利用方法などはこちらをご覧ください。

ネット銀行の自動引き落としを活用する

毎月必要な支出が把握出来たら、残りのお金は全部貯金しちゃいましょう

大抵のネット銀行が行っている
給与振込口座から、設定した日に手数料無料で自動的に引落しをかけてくれるサービスがあるので、是非活用してみてください。
先に貯金をしておいて、残りのお金でやりくりするのが
貯金術の王道であり鉄板です。

貯金に回せるお金がない

毎月今の給料でギリギリ、
とてもじゃないけど貯金出来ないよって方に

ダブルワークのすすめ

ある程度若い方限定かもしれませんが、
3か月分貯めるまでと割り切って、ダブルワークをするのも手です
時給1000円で4時間、週3日も働けば
ひと月5万円程の収入UPが望めます。

おすすめのダブルワークは是非こちらを

貯金をする最大の理由

僕が最低限の貯金を勧める最大の理由は、

結局のところメンタル的なところがあって、3ヶ月分の貯金があると職場で嫌な事があっても「まぁ貯金あるし、いつ辞めてもいいや」って思えて、
ストレスがかなり軽減されたり。。