お役立ち

簡単にわかる再就職手当!派遣も、個人事業主も受給可!条件と支給額について

再就職手当

この記事を読むと

  • 失業保険受給開始後から再就職手当を受取るまで
  • 必要な書類、受給条件
  • 支給額

が簡単にわかります!

再就職が決まるのは嬉しい事だけど、失業保険の給付日数が残ってると、なんとなくもったいなく感じるよね。
手続きまでの期間が短いから、就職が決まったらすぐに行動しよう!

失業手当受給までの流れと必要書類
失業手当、退職日から受給までの流れ失業手当給付の為に必要な書類、流れ等を簡単にご説明いたします。...

再就職手当とは

簡単に説明すると、
失業保険の受給資格者が給付日数を残した状態で再就職
↓↓
役人A「満額受給せずに就職してくれてありがとう!残りの給付額全部はあげれないけど、就職祝いとして一部受け取ってね」

って感じの手当だよ。

ねずみちゃん

簡単に説明しすぎじゃない?

詳しい条件や、支給額についてはこれから説明していくよ

支給条件

再就職手当の支給を受けるには、以下の要件を全て満たす必要があります

  • 失業保険の受給資格決定日から7日間の待期期間を満了後、就職・事業を開始したこと
  • 就職日の前日までに失業の認定を受けた上で、基本手当の支給残日数が、所定支給日の3分の1以上あること
  • 離職した前の職場への再就職ではないこと、前職場と資本・人事・取引面で密接な関りがない事業所に就職したこと
  • 受給資格にかかわる離職理由により受給制限がある方は、求職申し込みをしてから、待機期間満了後1ヶ月の期間内は、ハローワークまたは職業紹介事業者の紹介によって就職したものであること。
  • 1年を超えて勤務することが確実であること
  • 原則として雇用保険の被保険者になっていること
  • 過去3年以内の就職で、再就職手当又は常用就職支度手当の支給を受けたことがないこと
  • 受給資格決定前から採用が内定していた事業主に雇用されたものでないこと

それぞれの要件で、少しややこしい部分を噛み砕いていきます。

事業を開始した場合でも受給可能

~就職、又は事業を開始したこと。
との記載通り、個人事業主でも受給可能なのですが
いくつか注意点があります。

失業保険の受給資格を得るために、離職票等を持参して
ハローワークに行った際に、「再就職の目途はたっていますか?起業のご予定などありますか?」と質問されることがありますが、
その際に「自営業をしようと思ってます」なんて言っちゃうとアウトです。

開業届の提出・事務所テナントの賃貸契約
など、事業に関わる契約は

7日間の待期期間を満了後に行う事にしましょう。

退職理由が自己都合と会社都合による違い

受給資格にかかわる離職理由により受給制限がある方は、求職申し込みをしてから、待機期間満了後1ヶ月の期間内は、ハローワークまたは職業紹介事業者の紹介によって就職したものであること。

冒頭の受給資格に関わる離職理由というのが、
自己都合か会社都合による退職なのかという事です。

自己都合により退職した場合は
7日間の待機期間満了後、1ヶ月以内に再就職した場合
ハローワークまたは職業紹介事業者の紹介によるものじゃないと、再就職手当は支給されません。

もちろん1ヵ月経過後は、転職サイトや求人雑誌等で就職しても手当は支給されます。

自営業の場合
自己都合退職者は、7日+1ヶ月経過後に開業届等は提出しようね。

再就職先が派遣の場合は・・・?

ねずみちゃん

1年を超えて勤務することが確実であることってあるけど、派遣の人はどうなるの??殆どが3~4ヶ月で契約更新だと思うけど…

結論を言うと、派遣社員でも再就職手当を受取る事が出来ます

有期雇用者でも、「1年を超えた更新が見込まれる場合」は支給対象となりますが、ハローワークと事業者(派遣元)の判断によりますので、
派遣元に1度相談しておきましょう。

派遣社員が退職希望を出さない限り、自動更新のような職場だときっと大丈夫だよ。

日雇いや短期バイトなどは再就職手当支給対象外となりますが、失業保険の給付は引き続き受け取る事が出来ますので、働いた日数はきちんと申告しましょう。

手続きの流れ

それじゃあ手続きの流れを説明するね

  1. ハローワークで、就職の申告を行い再就職手当支給申請書を受け取る
    ※HP上で申請書をDLしてご自宅のプリンターで印刷する方法もあります※
  2. 再就職先に、再就職手当支給申請書を提出し事業主の証明を受ける
  3. 雇用保険受給資格証と申請書を併せて、ハローワークに提出する(郵送でも可能)

以上の手続きを、就職日から1ヵ月以内に行う必要があるので注意です

再就職手当支給申請書のDLはこちらから
ハローワークインターネットサービス

支給額について

それじゃあ具体的な支給額と、算出方法について

基本的な支給額の計算方式はこちら

雇用保険受給資格者証に、支給残日数と基本手当日額の記載があります。

再就職手当に関わる基本手当日額には、上限があります
※毎年8月1日に改定されます

離職時の年齢が60歳未満の方・・・6195円
離職時の年齢が60歳以上の方・・・5013円

所定給付日数に対して、支給残日数の割合で計算式のパーセンテージが変わってきます。
3分の1以上・・・60%
3分の2以上・・・70%

例えば、
基本手当日額4000円、所定給付日数90日の方が自己都合退職により失業保険の給付制限2ヵ月の間で再就職した場合

4000円×90日×70%=252,000円となります。

給付制限2ヵ月後から、所定給付日数が減っていくから
このケースだと残日数は90日、3分の2以上に該当するから70%だね。

令和2年10月1日以降に離職された方は、自己都合により退職した場合であっても、5年間のうち2回までは給付制限期間が、従来の3ヵ月から2ヵ月へと改定されました

さいごに

再就職手当は、就職が早くなるほど給付率が高くなるため
纏まった金額を受け取る事が出来ます。

会社からの給料と、再就職手当により収入面ではかなり安定しますので
是非忘れずに申請しておきましょう!